赤色のポスト

圧着ハガキなら低料金でたくさんの情報を盛り込めます

女性の配達員

広告郵便を考えている人におすすめしたいのが圧着ハガキです。圧着ハガキであれば普通ハガキと同じ郵便料金での配送が可能なのです。それだけは無く、通常の何倍もの情報量を盛り込めるんです。二つ折りであればハガキの裏面だけではなく中面も使えますし、Z型に折りたたんだタイプであればさらに印刷出来るスペースが増えます。ですので、広告として十分に役立ってくれます。
また、圧着ハガキでの広告は仕掛けを作れるのも良いところです。普通のハガキやチラシであればただ広告を印刷するだけという事がほとんどですが、圧着ハガキであれば剥がすという作業が加わりますので、やりようによっては色々な仕掛けを仕込めます。受け取った人が楽しみながら広告を見られますので、宣伝効果も高くなるはずです。
作成は業者に依頼するだけと簡単ですし、業者の中には郵便代込みで作成してくれるところも多いです。そういったところを利用すれば追加料金なしで利用出来ますので、面倒臭い計算も必要ありません。もちろん素人が自分でパソコンとプリンターを使って市販のキットで作成するよりも遥かにレベルの高いハガキを作ってもらえますので、是非依頼して作成してもらって下さい。

色々な用途に使う事が出来る圧着ハガキ

広告郵便としてメジャーな圧着ハガキですが、実は案外色々な用途にも利用出来ます。最近では個人でも作成は業者に依頼出来ますので、結婚報告、出産報告などに使われる事も多くなっています。少ない部数の注文が出来るところが増えているので、個人でそうした報告に利用した人が増えているわけです。もちろん圧着ハガキを使った通常の広告も気軽に出来るようになっていますので、ネットショップを運営している人にも人気です。
さらに、個人経営のお店などでも圧着ハガキを使った広告は人気が出てきています。V字型やZ字型であれば広告面積も多く、特定の商品の細かい説明なども印刷出来る方です。チラシを何百部も刷るほどではないけれど、お得意さんに自社の商品を宣伝したい、そんな場合にピッタリなんです。往復ハガキタイプもありますので、そういった物を利用すれば宣伝した商品の注文を取る事も出来ます。
デザインの入稿はネットで出来ますし、依頼時に宛名データを送る事で宛名の印字もしてもらえます。色々なデザインのテンプレートが用意されている場合も多いので、デザインセンスにまったく自信が無いという人も気軽に依頼出来ます。商売をやっている人も商売をやっていない人もこれを機に検討してみませんか?

ルールを守りながら安全に圧着ハガキを発送する方法

圧着ハガキは今ではデザインソフトなども普及しているので、個人でも作成を行うことも出来るようになっていますが、やはり専門的な加工などを要するので作成は業者に依頼した方が印刷トラブルや発送のトラブルを避けることが出来ます。ここでは広告郵便で圧着ハガキを利用する際に気をつけておきたいルールや作成方法を見ていきましょう。
圧着ハガキのメリットは、封筒などコストが大きくなる郵便物ではなく、ハガキサイズで多くの情報を送ることが出来るというメリットがあります。折りたたんで発送するので純粋に情報量が増えるというメリットがありますが、気をつけなければならないのは郵便法のハガキの定義からはみ出さないということです。
郵便法ではサイズなどが明確に定められているので、自作しようとして失敗してしまうと、コストカットのつもりが余計な郵便コストを発生させてしまうこともあります。そうした中、実績の豊富な印刷業者ではそうした細かい郵便法の規定なども熟知しているので、安全に圧着ハガキを送ることが可能です。コストカットやアピールの強さなど、圧着ハガキは広告として注目されることが多いですが、細かいルールの中で運営されているので、不安な方はぜひ専門業者を活用して下さい。

PICK UP

RECENT POSTS

2019年11月14日
封書よりも開封率の高い圧着ハガキを更新しました。
2019年11月14日
相応のリターンが見込める圧着ハガキの広告を更新しました。
2019年11月14日
DMで圧着ハガキがなぜ役立つのか?を更新しました。
2019年11月14日
圧着ハガキで実現出来るコストカットを更新しました。